DAシンポジウム2013

DAシンポジウム2013が岐阜県下呂市で開催され,キムさん,マーフズくん,近藤くん,修くん,西澤の5名が研究成果を発表してきました.

西澤真一、石原 亨,小野寺秀俊,”低電圧動作に向けたXOR論理ゲートの構成法の検討,” DAシンポジウム2013, pp. 9-14
近藤正大、小野寺秀俊、石原 亨, “ニアスレショルド電圧動作に適したスタンダードセルの駆動力集合の決定法,” DAシンポジウム2013, pp. 21-26
SinNyoung KIM、Akira Tsuchiya、Hidetoshi Onodera, “Analysis of Radiation-Induced Timing Vulnerability on Phase-locked Loops,” DAシンポジウム2013, pp. 73-78
Islam A.K.M. Mahfuzul、小野寺秀俊, “チップ間およびチップ内ばらつきを評価可能な再構成可能遅延モニタ回路,” DAシンポジウム2013, pp. 121-126
修 斉、石原 亨、小野寺秀俊, “電源電圧・閾値電圧・パイプライン段数の同時スケーリングによるプロセッサのエネルギー高効率化設計手法,” DAシンポジウム2013, pp. 145-150

また昨年度の発表に関して,石原先生とマーフズ君が「平成25年度 システムLSI設計技術研究会 優秀論文賞」を,西澤が「平成25年度 情報処理学会 CS領域奨励賞」を,
マーフズ君,キムさんが「2012年度システムLSI設計技術研究会 学生奨励賞」をそれぞれ受賞しました.

石原 亨, “低電圧動作に適したセルライブラリのゲート幅決定法とその評価” DAシンポジウム2012における発表
Islam A.K.M. Mahfuzul, “完全ディジタル型のP/Nばらつきの自律補償回路” DAシンポジウム2012における発表
西澤 真一, “低電圧動作に向けたPN比可変スタンダードセルライブラリの構成法とその評価” DAシンポジウム2012における発表
SynNyoung Kim, “Evaluation of Single-Event Vulnerability in Analog and Digital Signals of PLL based on Error-Categorization” DAシンポジウム2012における発表

おいしいご飯と気持ちのいい温泉でリフレッシュして,昼の本会議,夜の分科会で熱い議論をすることができました.来年も是非みんなで参加したいです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA